兼高かおるさんの偉業を称え世界の旅を語る、裸族の自由さに憧れた幼少時代

ジャーナリスト兼高かおるさんが90歳で2019年1月5日逝去されました。
テレビ番組「兼高かおる 世界の旅」の日本の世界紀行ジャーナリストとして、
世界150カ国以上を旅して日本中に世界の民俗 風習 文化を楽しく伝えた方です。

番組オープニングはパンナム航空旅客機の離陸シーンとヴィクターヤング作曲の
80日間世界一周の曲が流れ旅客機の映像を見るのも初めてだったので興奮しました。

子供心に白黒テレビで見た世界の文化は、驚きの連続でした。
当時、日本中の人たちがこの番組で世界を知ったのです。
風習や文化・歴史・宗教が日本と全く違うのでとても興味深いドキュメンタリー番組で素晴らしかったのを覚えています。

裸族の自由さに憧れて番組スタッフになりたいと子供の頃思っていました。(^_^;)

兼高さんは絶世の美人でしたが、自分をあまり表に出さず、世界の映像の紀行を優先して伝えていました。
ジャーナリスト・レポーター・プロデューサーを兼ねていたので、奥ゆかしさもあったと思います。
とても気品のある方で言葉遣いも美しく現地の様子を伝えていました。

兼高さんは、先日90歳で永眠されたとの事でした。
ご冥福をお祈りいたしまして兼高さんを偲んで、世界の旅の思い出を語り動画を作らさせて頂きました。

兼高かおる #世界の旅 #女性ジャーナリスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください