御田祭 平安時代より約1000年続く日本伝統の田植えの神事(宮崎県美郷町西郷区田代)4K

Pocket
LINEで送る


御田祭のお田植え神事です。(宮崎県東臼杵郡美郷町西郷区田代)旧西郷村
撮影日 2018年7月1日(日)

平安時代から約1000年続いている、お田植えの神事です。すぐ横に田代神社がありその前の神田になります。

田代神社の主祭神は、彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)
山幸彦で知られる祭神です。

また、この牛馬入れや田植えの神事を見ると無病息災になると言い伝えられています。
 動画でも皆さんのご健康とご多幸をお祈りして作成を致しましたヽ(^o^)

★注:動画テロップ内での美里町の表記は間違いで、正しくは美郷町です。
お詫びして訂正を致します、申し訳ありませんでした。m(_ _)m

ドローン空撮ライブ★御田祭 早乙女 1,000年続く田植えの神事(宮崎県東臼杵郡美郷町西郷区田代)

Pocket
LINEで送る


ドローン空撮で御田祭の早乙女のお田植えの神事を撮影しました。
横一列になって前後2組、全て手作業で苗を植えていきます。
古式ゆかしい絣(かすり)の着物姿と笠で田植えをする姿は、日本古来の荘厳な伝統美を感じさせます。

ドローン空撮ライブで御田祭の田植えの神事、早乙女姿の田植えを撮影したのですが、台風の影響で小雨が急に雨脚が強くなり、すぐ着陸となりました。
 申し訳ありません。

空撮ライブ★今日はお釈迦様の誕生日の花まつり(宮崎県日向市仏舎利塔より)

Pocket
LINEで送る


今日2018年4月8日は、お釈迦様の誕生日。花まつり、灌仏会です。
ドローンを使って空から空撮ライブをして、お釈迦様のお誕生日をお祝い致しました。

お釈迦さまは紀元前5世紀頃の4月8日(諸説ありますが)に現在のネパールで誕生したと言われており誕生日として定められています。

生まれてすぐに立ち上がり、そのまま四方に7歩ずつ歩いて、右手は天、左手は地を指し、

天上天下唯我独尊(てんじょうてんげ ゆいがどくそん または、てんじょうてんが ゆいがどくそん)と言われたとの伝説です。

この天上天下唯我独尊と言った石像も、この仏舎利塔の4か所の一つに鎮座しています。

漢字を見ただけでは、この世の中で自分だけが尊いと思われるのですが

この言葉の本来の意味を要約すると「生きとし生けるものは、全て尊い命を持つ尊い存在である」

といった意味合いになります。

灌仏会と言えば、甘茶でお釈迦様の誕生を祝う日ですよね。

これは、お釈迦さまが生まれた時に九頭の龍が現れ、天から甘い水(甘露の雨)を吐き、

お釈迦さまの産湯(初めてのお風呂)にした、という伝説に由来しています。

私たちの地域にもこんな素晴らしい、お釈迦様の本物の御骨があるのですから大切にお守りしていきたいです。

ドローン空撮ライブ★夕日の桜と塩見川沿いの空散歩(宮崎県日向市)DJI Mavic Pro

Pocket
LINEで送る


ドローン空撮の生放送で、宮崎県日向市の塩見川沿いの桜を空撮しました。
夕方の川辺の桜が満開に近かったので空撮ライブで空散歩を生放送しました。
川沿いの護岸沿いの両側に桜が満開で綺麗でした、空からの散歩でいつもと違う景色でしたよ。

川面の水面近くも飛行してみました。
レスキュードローンとしての訓練も兼ねています。

m(__)m ◆何卒、チャンネル登録お願い致します◆m(_ _)m
★私のチャンネル登録はこちら⇒ https://goo.gl/yFWV3U
—————————————————–

◆国土交通省 無人航空機許認可取得済み

ドローン空撮ライブ★桜の空散歩(宮崎県日向市塩見川近くより)さくら便り

Pocket
LINEで送る


川沿いの桜並木をドローンで空撮して空散歩しました。(宮崎県日向市塩見川)
この動画は生放送でライブ実況中継したもので編集はしていません。

ここは宮崎県日向市でも川沿いで暖かく一番先に桜の花が開花する場所です。
国道10号線のヤマダ電機そばですのでドライブでお近くを通る時にはお弁当を食べるには最高の所です。
九州の宮崎県ですが、本州より桜の開花が遅れているようですね。
宮崎県日向市でもやっと桜が咲いてきました。山桜は早めの3月の初め頃から咲いていますよ。

この塩見川もJRの鉄橋があって鉄道ファンの方の撮影にはとっても良い場所ですよ
—————————————————–
YouTubeでも弾き語りやいろんな動画活動をしております
m(_ _)m◆何卒、チャンネル登録お願い致します◆m(_ _)m
★私のチャンネル登録はこちら⇒ https://goo.gl/yFWV3U

最新リーク情報★新型ドローン「DJI MavicPro II」2018年3月22日発売か?早くも最新型ドローンの情報がリークされました

Pocket
LINEで送る

MavicProが発売されて1年半、日本でやっと流通し始めて1年なのですがその後
新製品が立て続けに発売されてきました。

昨年より小型になったSparkも発売され、その後折り畳みができるMavic Airは2018年の今年1月に発売されたばかりです。

Mavic Airの機能として以下があるので新製品のDJI MavicPro 2(Ⅱ)は全ての機能が含まれると思われます。
◆3方向の障害物検知◆先進のパイロットアシストシステム(APAS)◆より進化し安定したジンバル
◆パノラマ撮影◆HDRフォト◆4K/100Mbpsの動画撮影◆クイックショットによる新撮影機能
◆ジェスチャーコントロールなど★Mavic Proにはない機能が実装されました。
上位機種にはまだ実装されていないので、MavicAirが人気で早速購入した方が多くいます。

■以下はリーク情報の予想スペック
・正式名称はMavic Pro 2、またはMavic Pro II
・現行のMavic Proより大型になる、現在のMavic Proよりも大幅に大きくなります
・性能はPhantom4以上、現在のPhantom 4 Proよりも優れていると予想されます
・軽快さと敏捷性、精度の向上
・量産はすでに開始されている(2月上旬)
・GoPro Karmaに似た交換式のカメラを搭載しているプロトタイプ機が存在する
 (機体下方にオプション付けカメラのプロトタイプのイラストが公開された)
・メカニカルシャッターは非搭載
・4820 mAhのバッテリー容量と15.2 Vのパワー(現在のMavic Proの3830 mAhおよび11.4 Vと比較して)
 バッテリー4820 mAh 飛行時間35分(予想値で情報はバラつきあり)
・現在のMavic Proとは異なるバッテリー設計
・大型モーターで推力が向上、より大きなモーター(現在のファントム4よりわずかに小さい)による推進力の向上
 ★これにより最高速度の向上(72km/h)と向かい風に強くなり、ファントムより軽量で風の機体抵抗が少ない為
  運動性能の向上
・33分の飛行時間。たぶん長く(現在のMavic Proには27分、プラチナでは30分の飛行時間があります)
・ ↑ の情報より最新のスペックでは飛行時間38分以上(カタログ値)、プロトタイプでも連続ホバーリング状態で
 32分の性能を有している
・1インチ CMOSイメージセンサー 換算24mm(f/2.8-11)レンズ
 1 “CMOSセンサー(現在のMavic Proは1 / 2.3” CMOSセンサーを搭載)に28mmレンズを搭載しています
・新設計の3軸ジンバル、新しく設計された3軸ジンバル
・暗闇の中でも障害物を避ける赤外線3Dセンシング
・双眼リアセンサー、両眼(双眼、現行のマヴィックプロは前方のみと下方センサー)後方視界障害回避センサー
・古いMavic Proと同じリモコンのデザインだが大幅に改善
・OcuSync(オキュシンク)画像伝送技術を使用します
・ビデオ送信の頻度は不明です
・最高速度72km/h、最高スピード72Kmに大幅に向上
・新世代のアクティブトラック機能
・進化した障害物回避システムを搭載、赤外線3Dセンシングか?
・進化したデザイン
・Mavic Pro IIのベータテストは1月下旬に終了しました

追記:前面センサー(後方も?)・下方カメラセンサーに赤外線3Dセンサーが加わり、暗い夕方から夜間までより安全な飛行が可能になるとの情報もあります。

私がDJIに、Osmo Mobile 2(オズモモバイル2)を予約して入荷情報を問い合わせしたところ
3月20日前後と言う事だったので、輸送の日にちが3月20日頃マビックプロ2もその頃ではないかと思いました。
もうすでに「DJI MavicPro II」の量産体制は入っているので発売日があるとすれば3月22日の予想は濃厚かもしれません。
ただ、公式では一切 マビックプロ2の情報は公開していません。

リーク情報のイラスト等で機体下方にオプションで1インチのカメラを搭載するプロトタイプの情報も
あり、まだまだベールに包まれています。

以上は早くも最新型ドローン★ DJI MavicPro IIのリーク情報が流れてきたまとめです。
現時点ではあくまでも噂としてですので、ご自分で最新情報をよく調べる事をおススメします。

ドローン空撮ライブ★開運!神武東征、神武天皇お船出の地 パワースポット美々津灯台を目指す空散歩(宮崎県日向市美々津)

Pocket
LINEで送る


神武天皇お船出の地、ここから日本国統一を果たした。霊験あらたかなる開運のスタートの地です。

 正にここから日本国ヤマトの統一の始まりの船出の地として古事記神話にも記されています。
この船出の道筋を空からたどって美々津灯台に向かって空撮し神武天皇が通った島の灯台と祀られたお社を参拝しています、ここは海の島で船着き場も無い為、船でもなかなか行けない場所です。

 空から参拝する気持ちで皆様の幸運・ご健康とご多幸をお祈りいたしました。
★地元でも空からこのように近くで神武天皇の島のお社を見る事は出来ませんので貴重だとおもいます。
皆様のご開運として見て頂けたら幸いです。