★権力を持つと晩節を汚す人が多いのは何故なんだろう

これは、最近のスポーツ界の事だけではない。
ありとあらゆるところ、利権やお金が集まる所にはどんな小さなところにもある。

政治家や企業だけでもなく、小さな市町村や商工会議所商店街のおやじの集まりでもある。

役職や会長職となると、規模の大小に関わらず気持ちが良いんだろう。

また名選手や過去の現役スポーツ選手が、役職を駆け上がって上り詰めたら誰も口出しできないようなポストを望んで作る。

いつまで経っても、この繰り返しである。

また、別の権力でもスポーツの時間のタイム差を競う競技は、誰が見ても分かるが、芸術点やテクニックを審査員が判定する競技や、芸術の優劣を決めるコンテスト等は、審査する人の主観である。

審査する人が何十年も変わらず、経験のない評論家が権力を持ってまかり通る
行政の芸術審査会も依然としてあるのだ。

権力は集中しないように国民や市民が監視しなければいつまでも変わらないだろう。

スーパーボランティアの、行方不明のよしきちゃんを発見した尾畠春夫(78)さんは
人はどうか分からないが、自分だけの流儀として
「ボランティアは人を頼ったり、物をもらったりしちゃいけない」
「自己完結、自己責任。怪我しても自己責任」
「人様の家の敷居を跨いだ事さえ、私はボランティア失格」
「飲食物も頂かない、水道の水くらいは呼ばれる事はありますが」

こんな流儀を心に抱いていれば、世の中がずいぶん変わるだろう

ネット民の間で「24時間テレビでギャラをもらって出演してるタレントとはえらい違いだな」
と言うコメントを見たが、まさしくその通りだと思う。

もうすぐ東京オリンピックなのに(´Д` ) 着地点を探して往年のムーンサルトで降りで降りて下さい。着地はお上手だったと思います。
早くしないと泥沼に着地することになると思います(^_^;)

全てはお金や権力なのか。お天道様はどう思われますか(^-^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください