N国党★マツコデラックス出待ちと戦略の賢さ◆強者トップをターゲットにして弱者を集めて戦う百姓一揆


立花さんのマツコデラックスのテレビ局、出待ちの生放送を拝見させていただきました。
放送の途中で、大きな情報が流れてきて「マツコデラックスが5時から夢中!を降板したい」との大きな情報でした。

昔から口は災いの元と言いますが、公共の電波で何かを発言するときには腹を据えてものを言わないと毒舌が自分の体内に戻ってきます。
昔からおネェの人は、人と争いたくない、悪く思われたくないと言う気持ちが強く、柔らかなおネェ言葉にしてトラブルを避けてくる傾向があります。そういう人はメンタルが弱いんです、自分の言ったことに責任を持って腹を切ると言う人はほとんどいません。
マツコさんは好感度もあって好きな人ですが、今回も例外なくノミの心臓が露呈してしまいました。 (^_^;)

N国党の強大な敵を目の前にして戦う戦略は、世界の戦国時代でも行われてきた戦略です。
あまりにも巨大な敵を倒すためには、力の弱い者が力を合わせて数で圧倒すれば勝てるのです。
小さな村や百姓一揆が横のつながりを持って共闘していく方法しか勝ち目はありません。
日本の江戸末期の倒幕運動を坂本龍馬が薩摩と長州を手を組ませたように
犬猿の仲でありえない薩長同盟のように力と数で勝るしかないのです。

つまり弱い者が強い者に打ち勝つには、弱い者同士で同盟を組んで戦うのです。
船井総研の船井幸雄さんが話していたのが、戦国時代から続く弱者の知恵なのです。
例えばある地域に大手の大企業スーパーがいきなり出店してくる、その以前までは法律で
大店法と言うもので守られていたのですが、政治家を取り込んで法律を変えてくる。

地方にいきなり大店舗ができれば、それまでの小さな商店街は潰れてしまいます。
それに勝つためには、商店街同士で今までいがみあうことがあっても同盟を組むと言うことです。
これがなかなか難しい、現代の坂本龍馬のような人でなければまとめるのは難しいでしょう。
まとまっていけば商店街でも対抗することができるのですが、大店舗の方は
小さな商店街がまとまらないことを知っているので楽々と商売ができて小規模な商店街をつぶしていくのです。

口で言うのは簡単なことなのですが、昨日の敵とも手を組んで強大な敵に対応することが大切なのです。
歴史上では、薩摩と長州のように戦争して殺しあった相手でさえ、坂本龍馬を介して手を組んだのですからできないことではありません。

ですので私たち弱者が知っておかなければならない最終的な戦法は忘れてはなりません。

N国党の戦法も、幕末の坂本龍馬のような戦いです。
「なぜあんな奴と組むのか?あんな奴と組む位なら私は支持しない」幕末の薩摩や長州も同じことを考えていたでしょう。
そこを乗り越えないと時代は切り開けないと言うことも心に置いておきましょう。
皆さんもこの弱者の戦法を忘れないでいて下さい。

——————-
m(_ _)m◆何卒、YouTubeチャンネル登録お願い致します◆m(_ _)m
アドセンス誤BANで広告が一生付かないけど頑張ります。(^^)/
今すぐ登録しないと損をする(^^)/最新のお役立ち情報も頑張ります!

★私のYouTubeチャンネル登録はこちら⇒ https://goo.gl/yFWV3U
★ぜひともチャンネル登録よろしくね。(^o^)丿
★Twitterはこちら⇒ https://twitter.com/tabito_anzai

#N国党 #マツコ・デラックス #5時に夢中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください