ドローンライブ★救助用 救命ペットボトル投下訓練!激安DIY自作最軽量 水難救命具で大成功!


生放送でドローンでの災害救助訓練として、ドローンから自作DIYの超軽量救命具の投下訓練を行いました。
長年、模型飛行機の製作をしていましたが、グラム単位で軽量化を図らないとパフォーマンスが向上しません。

その経験から、水難救助ドローンが600g以上のライフジャケットを投下する事にこだわっているのに自分も違和感を感じました。
 実際に自分がライフジャケットでテストしてみると、重さとその形状から風の影響を受けドローンのパフォーマンスが低下していたので、いつも解決方法を考えていました。

自作DIYで軽量のペットボトルをドローン用の救命具を作りました。
浮力計算をして非力なMavic Proでも風の影響を受けず操縦パフォーマンスが落ちない超計量救命ペットボトルです。

空力も横に連結する事で操縦も安定しました。
回転のストレスから解放する為、釣り具のサルカンをダイソーで購入。
目立つ蛍光色は、これもダイソーの蛍光スプレー200円でした。
ひもは家にあったに荷造り用のナイロンひもで軽量化。
ドローンとの接続はダイソー釣り糸を使いました。
ナイロンひも以外、★合計400円でした。
ペットボトルは3本、タダです。リサイクル(^^;)

◆重量は全部で128グラムでした(ペットボトル3本・ひも・サルカン含む)
軽いので圧倒的に操縦能力が落ちずにパフォーマンス抜群です。
マビック以外の、ファントムとかお使いの方なら、軽々と操縦し投下できます。

ぜひ、レスキュードローンの救命具として皆さんも参考にされて下さい。

★国土交通省無人航空機許認可取得済み
 物件投下許認可取得済み
ご注意:物件投下は、許認可を取得しないと飛行させる事は出来ません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください