リメンバー・ミー★映画レビュー(ネタバレなし) 第90回アカデミー賞受賞作品 ディズニー超感動作

Pocket
LINEで送る


2018年3月16日から公開中のディズニーアニメ「リメンバー・ミー」映画レビュー・映画紹介です。

第90回アカデミー賞の長編アニメ受賞作品で絶対にお勧めの映画です。
監督はリー・アンクリッチ メキシコのミュージシャンを夢見る少年のお話。
内容は子供から大人お年寄りまで楽しめるとても素晴らしい内容の映画となっています。

天国とこの世を結ぶ絆がテーマになっています。
メキシコでは1年に1度だけ亡くなって天国に行ったご先祖様や身内が帰ってくる日があり
日本のお盆とよく似ています。
 そして、そのテーマとなるのがマリーゴールドの花。ご先祖様が間違わず自分の家にたどり
着けるようにマリーゴールドの花びらを家の前にたくさん撒きます。
日本のお盆の迎え火のような風習ですね。
そんな美しいマリーゴールドの花が美しく極彩色でスクリーンに浮かびます。

映画のタイトルは日本の邦題では「リメンバー・ミー」ですが、アメリカや外国では「coco」
意味は、可愛い子供と言う意味です。
ぜひご家族連れで映画館に行くときっと楽しいと思いますよ。ヽ(^o^)

ドローン空撮ライブ★桜の空散歩(宮崎県日向市塩見川近くより)さくら便り

Pocket
LINEで送る


川沿いの桜並木をドローンで空撮して空散歩しました。(宮崎県日向市塩見川)
この動画は生放送でライブ実況中継したもので編集はしていません。

ここは宮崎県日向市でも川沿いで暖かく一番先に桜の花が開花する場所です。
国道10号線のヤマダ電機そばですのでドライブでお近くを通る時にはお弁当を食べるには最高の所です。
九州の宮崎県ですが、本州より桜の開花が遅れているようですね。
宮崎県日向市でもやっと桜が咲いてきました。山桜は早めの3月の初め頃から咲いていますよ。

この塩見川もJRの鉄橋があって鉄道ファンの方の撮影にはとっても良い場所ですよ
—————————————————–
YouTubeでも弾き語りやいろんな動画活動をしております
m(_ _)m◆何卒、チャンネル登録お願い致します◆m(_ _)m
★私のチャンネル登録はこちら⇒ https://goo.gl/yFWV3U

大ニュース★YouTubeで新機能ライブボタン追加★パソコン単体からのライブ配信機能テスト(現在クロームブラウザのみ)非力なパソコンでも簡単に生放送できる

Pocket
LINEで送る


YouTubeでPC単体で生放送できる、新しいライブ機能が導入されました。
生放送配信テストの機材はレノボの格安パソコン、セレロン2.16GB、メモリ4G、配信はFUJI-Wi-Fiのモバイルルータです。

 カメラ・マイクはパソコン内蔵の物だけのノートPC単体のみです。
もっと音声を良くしようと思えば外付けマイクか、外付けのウェブカメラのカメラとマイクを使えばよくなるでしょう。

チャットリプレイ機能(アーカイブでもチャットの履歴がタイムラインで再生できる新機能)も実装して正常に動作する事も確認。
また配信画面モニターでは背景ブラック(つい最近日本でもiPhoneやiPadでも採用)が採用されチャット画面がとても見やすくなっています。

これは皆さん使うしかありません、現在はWindowsのグーグルクロームブラウザのみですが順次、各種ブラウザに対応する予定です。

★最大のメリットはスマホを使わず非力なPCで生放送できる為、スマホは電話・メール機能だけに使えます。
 スマホで配信中だだと電話やメールの着信で切れる事やトラブルが心配ですし、急な電話に出る事もできません。
またスマホで通話しながらパソコンで生放送したり、配信しながらスマホで検索して結果を配信する事もできます。
◆非力なPCでも生放送の負担が少ないので配信マシンとして再活用できると言う事でしょうか。

◆今まではPC単体だけでは配信できず、必ずPCアプリのワイヤーキャストやOBSのソフトウェアでエンコード(動画を変換)して配信するしかなかったので手間が面倒だったのです。
 この新機能により簡単にクリックだけでノートPC等、単体のみで生放送配信ができるようになりました。今後、簡単に棒読みちゃんとも連携が出来るようになると良いですね。

★今回の反省点は、安いノートPCの内臓マイクが位相で音が回る感じでこもってしまいました。これは製品のマイク性能によるので、外部マイクを付けて放送するかウェブカメラのマイクを使うと改善されると思います。

 ノートPCの内蔵カメラで720pで配信できましたが、より画質も良くするなら外付けのウェブカメラを使ってみたいです。
ウェブカメラの付属ソフトで、ズームや画質・音声等の設定が出来るのでより良い配信が出来そうです。
—————————————————–
m(_ _)m◆何卒、チャンネル登録お願い致します◆m(_ _)m
★私のチャンネル登録はこちら⇒ https://goo.gl/yFWV3U
—————————————————–

最新リーク情報★新型ドローン「DJI MavicPro II」2018年3月22日発売か?早くも最新型ドローンの情報がリークされました

Pocket
LINEで送る

MavicProが発売されて1年半、日本でやっと流通し始めて1年なのですがその後
新製品が立て続けに発売されてきました。

昨年より小型になったSparkも発売され、その後折り畳みができるMavic Airは2018年の今年1月に発売されたばかりです。

Mavic Airの機能として以下があるので新製品のDJI MavicPro 2(Ⅱ)は全ての機能が含まれると思われます。
◆3方向の障害物検知◆先進のパイロットアシストシステム(APAS)◆より進化し安定したジンバル
◆パノラマ撮影◆HDRフォト◆4K/100Mbpsの動画撮影◆クイックショットによる新撮影機能
◆ジェスチャーコントロールなど★Mavic Proにはない機能が実装されました。
上位機種にはまだ実装されていないので、MavicAirが人気で早速購入した方が多くいます。

■以下はリーク情報の予想スペック
・正式名称はMavic Pro 2、またはMavic Pro II
・現行のMavic Proより大型になる、現在のMavic Proよりも大幅に大きくなります
・性能はPhantom4以上、現在のPhantom 4 Proよりも優れていると予想されます
・軽快さと敏捷性、精度の向上
・量産はすでに開始されている(2月上旬)
・GoPro Karmaに似た交換式のカメラを搭載しているプロトタイプ機が存在する
 (機体下方にオプション付けカメラのプロトタイプのイラストが公開された)
・メカニカルシャッターは非搭載
・4820 mAhのバッテリー容量と15.2 Vのパワー(現在のMavic Proの3830 mAhおよび11.4 Vと比較して)
 バッテリー4820 mAh 飛行時間35分(予想値で情報はバラつきあり)
・現在のMavic Proとは異なるバッテリー設計
・大型モーターで推力が向上、より大きなモーター(現在のファントム4よりわずかに小さい)による推進力の向上
 ★これにより最高速度の向上(72km/h)と向かい風に強くなり、ファントムより軽量で風の機体抵抗が少ない為
  運動性能の向上
・33分の飛行時間。たぶん長く(現在のMavic Proには27分、プラチナでは30分の飛行時間があります)
・ ↑ の情報より最新のスペックでは飛行時間38分以上(カタログ値)、プロトタイプでも連続ホバーリング状態で
 32分の性能を有している
・1インチ CMOSイメージセンサー 換算24mm(f/2.8-11)レンズ
 1 “CMOSセンサー(現在のMavic Proは1 / 2.3” CMOSセンサーを搭載)に28mmレンズを搭載しています
・新設計の3軸ジンバル、新しく設計された3軸ジンバル
・暗闇の中でも障害物を避ける赤外線3Dセンシング
・双眼リアセンサー、両眼(双眼、現行のマヴィックプロは前方のみと下方センサー)後方視界障害回避センサー
・古いMavic Proと同じリモコンのデザインだが大幅に改善
・OcuSync(オキュシンク)画像伝送技術を使用します
・ビデオ送信の頻度は不明です
・最高速度72km/h、最高スピード72Kmに大幅に向上
・新世代のアクティブトラック機能
・進化した障害物回避システムを搭載、赤外線3Dセンシングか?
・進化したデザイン
・Mavic Pro IIのベータテストは1月下旬に終了しました

追記:前面センサー(後方も?)・下方カメラセンサーに赤外線3Dセンサーが加わり、暗い夕方から夜間までより安全な飛行が可能になるとの情報もあります。

私がDJIに、Osmo Mobile 2(オズモモバイル2)を予約して入荷情報を問い合わせしたところ
3月20日前後と言う事だったので、輸送の日にちが3月20日頃マビックプロ2もその頃ではないかと思いました。
もうすでに「DJI MavicPro II」の量産体制は入っているので発売日があるとすれば3月22日の予想は濃厚かもしれません。
ただ、公式では一切 マビックプロ2の情報は公開していません。

リーク情報のイラスト等で機体下方にオプションで1インチのカメラを搭載するプロトタイプの情報も
あり、まだまだベールに包まれています。

以上は早くも最新型ドローン★ DJI MavicPro IIのリーク情報が流れてきたまとめです。
現時点ではあくまでも噂としてですので、ご自分で最新情報をよく調べる事をおススメします。

ドローン空撮4K★お釈迦様と桜★本物の仏舎利塔パワースポット(宮崎県日向市櫛の山)お釈迦様の誕生日 4月8日花祭りの日

Pocket
LINEで送る


昨年の2017年4月8日夕方、200本の桜(ソメイヨシノ)が咲き誇る宮崎県日向市 櫛の山「仏舎利塔」に行ってきました。ドローン空撮4K高画質動画。
 先ほど調べたら偶然にも4月8日はお釈迦様の誕生日(花祭り)でした、何か不思議に引き寄せられたように撮影に向かった気がします。やはり何かパワーを感じます(^O^)
 お釈迦様(おしゃかさま)の数少ない本物の御骨が祀られているのですが、知る人は多くありません。
ドローン空撮で初めてお釈迦様のご尊顔を拝見する事が出来ました。
塔の高い位置に鎮座されているのでここまで近くで見る事は出来ません。
安らかなるお釈迦様のご尊顔と鎮座する蓮の花がはっきりと伺えました。
 この大輪の蓮の台座も意味があり、清らかなる水では蓮は大きな花にはならず、濁った泥の中で大輪の花を咲かせる事から、艱難辛苦の泥の中から大輪の花を咲かすというお釈迦様の教えの意味もあるそうです。
 皆さんも私もそれを信じて、泥水を飲んでもそれを栄養として頑張って花開かせましょう。

 皆さんのご健康とご多幸をお祈りして空撮を致しました。日向市「仏舎利塔」をまだ知らない方も
国道10号線から海側に向けて車で5分も掛かりませんので、一度立寄ってみてはどうでしょうか。
 公園ですので子供のアスレチック広場もあり、99mの山の頂上にありますので太平洋や日向市が一望できますよ。

そして、★本物のお釈迦様に会いに来てください。安らかな癒しのパワースポットです。
遠くから祈願に見えられる方も数多くいます、宗教施設のような感じではなく憩いの公園ですので
観光がてら参拝すれば、どこの神社仏閣の祈願巡りよりも悟りの崇高なる旅となるでしょう。
無料駐車場とトイレ・飲料水自販機・公衆電話もあります。

↓宮崎県日向市 櫛の山「仏舎利塔」へのグーグルマップリンク(場所の詳細・地図や現在地からの交通機関でのルート案内、航空写真・ストリートビューあり)
 https://goo.gl/5i50vv

◆宮崎県日向市のお釈迦さまの仏舎利(遺骨)についてはインド国の故ネール首相と日本国の外交的な贈与であり歴史的に公文書等で証明されている日本に贈られた10粒【戦後広島に贈られたものを含む】です。
 日向市の仏舎利も偽物だと間違った情報がありましたので、正確な歴史の経緯を記述させて頂きました。

★★★ぜひチャンネル登録や、この動画への★いいね!ボタンをよろしくお願い致しますm(_ _)m★★★
★私のチャンネル登録はこちら⇒ https://goo.gl/aznxzT
———————————————
★この仏舎利塔には、昭和29年(1954年)熊本に日本最初の仏舎利塔が完成の際に、日本の平和国家建設を祈念して、
インドの故 ネール主相より贈(おく)られた御仏舎利(お釈迦様(おしゃかさま)の本物の御骨)の一部が祀(まつ)られてあります。
そしてこの仏舎利塔は、お釈迦様の大慈大悲の法雨(仏法が衆生をあまねく教化するのを万物を潤(うるお)す雨にたとえた語です。)を、
一切衆生にそそぎ潤(うるお)し、以(も)って戦争のない人類の平和と調和とを祈願して、積み重ねる石の一つ一つに、
大願の成就(じょうじゅ)を念じつつ築(きず)き上げて建立(こんりゅう)したものであります。
なお、この工事は、一人の尼僧(にそう)(日知屋にある日本山妙法寺の住職だった石元妙眼(みょうげん、俗名はツル子))の
責任において施工(せこう)、精進努力の3250日、9年間の歳月(さいげつ)を要して竣工(しゅんこう、工事が完了し出来上がる事。)致しました。
 ちなみに、塔身は鉄筋コンクリート、石積み、塔の高さ30m、直径28m、設計は工学博士 大岡実 氏、施工は日本山妙法寺 並(なら)びに四衆、
起工式 昭和36年(1961年)9月9日、落慶法要 昭和45年(1970年)8月12日、補強工事 昭和55年(1980年)10月でありました。
 願わくはこの功徳(くどく)を以(も)って、あまねく一切に及(およ)ぼし、我等と衆生とみなともに仏道を成せん 文 合掌 (がっしょう)
日向仏舎利塔

■建設への経緯(全国の仏舎利塔の中でも巨大な構造物です)
日向仏舎利塔は高さ30m、直径28mで、正面に転法輪像、左側面に誕生像、右側面に涅槃像(ねはんぞう)、背面に合掌(がっしょう)像の釈迦像があります。
日向仏舎利塔は日知屋の日本山妙法寺(櫛ノ山の登り口近くの大きな石塔(南無妙法蓮華経と彫 (ほ)ってあります。)があるところのすぐ奥にあります。)の住職
石元妙眼(みょうげん、俗名はツル子)は平和を祈願(きがん)して信徒らと共に、鍬(くわ)、ツルハシなどで山を切り開きました。
 ハンマーで鉄骨を曲げ、コンクリートを練(ね)って高さ30m、直径28mの仏舎利塔を造りました。石元さんは美郷町 南郷区の出身です。 代用教員をしていましたが、出家し、日本山妙法寺の開祖である熊本県出身の藤井日達 上人の導きで、昭和36年に仏舎利塔の建設を始めました。
 作業は手作業も多かったそうです。尼(あま)さんも作業服を着て先頭に立って働きました。
資金難などにもあいながらも着工から9年後の昭和45年に完成しました。石元さんは2011年11月に86歳で亡くなりました。
地域の為に頑張られた先人たちによってこの仏舎利塔は佇んでいます。